作成者別アーカイブ: marianroom

季節のお花 第1回

7月ですがまだ梅雨空が続いていますね。
梅雨空のなかとってもきれいで爽やかに咲くお花があります。
「アガパンサス」です。

アガパンサスは、毎年花を咲かせる多年草で、冬でも葉が枯れないタイプと、枯れて休眠するタイプがあります。
多肉質で水分のたっぷり含んだ太い根をもっています。

アガパンサスは、光沢のある細長い葉を何枚も出し、その間から茎を長く伸ばし、先端に数十輪の花を放射状に咲かせます。
大株では花茎を何本も伸ばし、満開時は賑やかです。
花の形は先端の大きく開いたラッパ型で横向きに咲くものが多いですが、下向きや上向きに花が開くものもあります。
草丈は30cmくらいのコンパクトなものから1mを越す大型種まであります。

開花時期は、梅雨時期から初夏、遅いものは夏~秋です。

花色は紫、青紫、白などがあります。

アガパンサスという名前は属語で、「愛の花」という意味です。

a0960_000508

6月21日は父の日です。

6月の第三日曜日は何の日か、みなさまわかりますか?
そう、【父の日】です。
今年は6月21日が父の日。
母の日の方がいろんなメディアなどでも取り上げられるので、父の日はすっかり忘れ去られぎみですが、お父様にも感謝を伝えましょう^^

母の日に贈る花といえば「カーネーション」ですよね。
では、父の日に贈る花といえば、何を思い浮かべますか?

父の日の花! それは、バラの花です。

父の日の提唱者であるソナラが、 「父の日に父親の墓前に白いバラを供えた。」 というところに由来しています。
日本では黄色のバラを贈るのが父の日のお花として定着しています。

イギリスには、昔から、黄色いものを身に着けると身を守ることができる。という言い伝えがあります。
このことも黄色のバラを贈るようになった由来の様です。

もちろん、バラだけでなく今の時期でしたら「ひまわり」などもおすすめです。
夏に咲くひまわりは周りの空間を太陽のようにより明るくしてくれるので、お父様への贈り物には最適ですね。

万里anのフラワーセラピー第6回

梅雨時期に咲くお花は、雨が多い時期なので、その特徴も春のお花とはちょっと異なります。

例えば、お水がとにかく大好きで、水やりはお水が下から流れ出てくるくらいジャージャーとあげなくてはいけない子だったり、あまりお水の必要がなく、水持ちが良かったりします。

梅雨時期に代表されるお花と言えば、紫陽花(あじさい)です。
a0070_000157
紫陽花は、太平洋側の海岸近くに自生するガクアジサイがその原種であるといわれており、日本から世界へと広がり、多くの園芸品種が生まれ、多種多彩な花となっています。

◎紫陽花の最大の特徴は土壌の酸性度によって花の色が変わり、一般に「酸性ならば青、アルカリ性ならば赤」になると言われています。
しかしながら近年では紫陽花の代表的な色のピンク・青等の色に限らず、アントシアニンという花の色の元をもたない「白」なども登場し、進化を続けています。

紫陽花は品種も様々あり、単に紫陽花といえどその咲き方や色合いにはそれぞれ個性もあります。

春のお花が終わったころに花目を付け始める紫陽花。
今年の梅雨はいろんな色や咲き方の紫陽花をお庭などで楽しんでみるのはいかがでしょうか^^?
長雨が続き落ち込み気味になる気持ちも少し晴れるかもしれませんよ♪

 

5月1日はすずらんの日

a1180_004872

スズランはヨーロッパの春の象徴として欠かせない花です。
フランスでは、5月1日に家族や友人などを愛する人や大切な人に、スズランを送る習慣があり、また、すずらんを贈られた人には幸運が訪れるといわれています。
中でも13個の花を付けたスズランをもらった人は、特に幸せになれるという話があります
あなたも今年の5月1日は、とってもかわいいすずらんを大切な人に幸せを願ってを贈ってみてはいかがでしょうか?

万里anのフラワーセラピー第5回

春は、球根植物の花の種類が多く、香りのよいお花も多いですね。
お花は、どれも香りがあると思われがちですが、意外とお花の香りを感じることのできる種類というのは、少ないです。
春は外に出れば花の香りを感じることのできる絶好の機会です。
お花の香りを感じるだけでも、癒し効果があります。
香りの強いお花が豊富な春の時期を、思いっきり楽しみませんか?

【チューリップ】
a1180_007804
春と言えばこのお花!というくらい春の代表的なお花。
咲き方や色がとにかく多彩な春の花の代表。
花びらの形状がそれぞれ異なり、咲き方も違うので、色だけでなくその形も楽しめます。
日の光と暖かさとともに花びらが開いたり閉じたりするのが特徴的です。
チューリップの花びらが暖かさとともに自然と開いた姿もまた美しいです。

【ヒヤシンス】
a0780_000053
幼いころに水耕栽培で育てたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?
花色はとても豊富で、水耕栽培としても人気があります。
甘く濃厚な香りと花のもちがいいのが特長のお花。
星型の小花が下から次々と咲きます。
◎ヒヤシンスの香りには、心を落ち着かせ、穏やかな気持ちにさせてくれる効果があります。
香りが強いので、お部屋の窓を閉めて飾るといつまでも香りが続き、癒し効果バツグンです!

【スイートピー】
a1130_000158
ひらひらとしたまるで蝶々のような可憐な花びらがかわいいお花です。
香りはあまり強くありません。
花の色は淡いものを筆頭に濃いものまでさまざまです。
色によっては人工的に花びらに色をつけているものもあります。

【アネモネ】
a0960_002602
アネモネは春のお花の中でもひときわビビットな色合いが印象的なお花。
日の光に合わせて、花が閉じたり開いたり、開くたびにどんどん大きくなります。
アネモネ独特の葉っぱはボリュームもあるので、お花と一緒に楽しみたいですね。

万里anのフラワーセラピー 第4回

●紫の花でストレス解消

紫のお花は感性や直感など潜在能力を高めてくれます。
高貴・癒しをイメージする紫は、イマジネーションを高め、発想力を豊かにします。
また、体の回復を高め癒し効果もありますので、ストレス解消にも優れています。
緑の葉っぱなどと組み合わせると、目の疲れにも効果的です。

紫色は、お見舞・御供えにも適しているお色です。
DSC_0443
紫色のアレンジ例

おすすめの花:とるこききょう、ラナンキュラス、スイトピー等。

バレンタインデーが近づいてまいりました。

日本におけるバレンタインデーは、
「女性から男性へチョコレートで愛を伝える日」というのが定着していますが、
世界におけるバレンタインデーは、男女がお互いに愛の誓いをしたり、感謝の気持ちを伝えあう日です。

欧米では、メッセージカードを交換したり、男性から女性に赤いバラを贈ることが最もポピュラーです。
アジア諸国でもバレンタインデーは
男性から女性に花を贈る日として定着しています。

女性から男性へ、とっておきのチョコレートを贈る気持ちと同じように、
男性から女性へ、ちょっと勇気をだして、愛する人のために花を贈ってくれたら・・・
きっと女性は常日頃そう思っているはず。

「男性から女性に花を贈る日=2月14日」にしていきませんか?

20130127_02

クリスマスまであと9日

クリスマスまであと10日を切りましたね!!
今の時期は、いろんな花屋さんがポインセチアの鉢を店頭に並べ、色鮮やかに彩られています。

ところで、ポインセチアって寒いところが好き。と思っていませんか?
もともと、ポインセチアは暖かい気候のもとで育つお花なので、寒いところはちょっと苦手。
なのでポインセチアを飾る時は、温かいお部屋で。とお勧めをしています。
赤、薄いピンク、ほんのりピンク、と、色合いがさまざまなように、その特徴もさまざまです。
それぞれの特徴をお色とともに楽しんでみてはいかがでしょうか。

DSC_1739[1]

万里anのフラワーセラピー 第3回

●グリーンのアレンジで金運アップ?!

緑のお花は芽吹き、発展、成長の象徴です。
金運がアップするには、良いご縁に恵まれ、自分自身も成長し、その結果収入が増えるということになります。
おうちの中で一番良い風が入ってくる玄関に、緑のみで作ったアレンジメントや緑でまとめた花束などを飾るのがよいでしょう。
きっと、良いご縁に巡り合い、運気も上がっていくことでしょう。

DSC_1073
緑色のアレンジ例

おすすめの花:葉・実もの、バラ、とるこききょう等。

万里anのフラワーセラピー 第2回

●家庭運アップの黄色

黄色は楽しい気分にさせてくれ、人の心を明るく豊かにしてくいれる色です。
ちょっと気分が沈んだときは、黄色の花をおうちに飾ってみましょう。
家庭運アップにもつながります。 
置き場所は、家族が集まることの多いリビングが最適!
おうちの中で一番賑やかな場所に黄色のお花を置くのがお勧めです^^ 

DSC_0765
黄色のアレンジ例

おすすめの花:バラ・カーネーションなど。