月別アーカイブ: 2014年8月

万里anのフラワーセラピー 第1回

●玄関に赤い花

玄関は、一日の『初めの一歩』を踏み出す重要な場所! 前向きな気持ちで出掛けていきたいものですよね。
一歩を踏み出していく玄関におすすめなのは、 「赤い花」 です。
これから始まる新しい一日を素敵に過ごす為には、エネルギーが必要ですよね。
赤い花は、気分の高揚と、人にエネルギーを感じさせ、行動力・実行力を発揮するサポートをしてくれます。

・思っていてもなかなか行動に移せない。
・自分の意見が主張できない。

といった時にも、勇気を感じ、行動に移していく積極性を強めてくれます。
勝負事のときには、ぜひ赤いお花を玄関に飾ってみましょう!

おすすめの花:バラ

お花の色合わせ

「色」には、さまざまな特徴があること、ご存知でしょうか。
色と色を合わせるときの組み合わせ方にも、実は少しコツがあります

色あわせの代表的な3分類、
  1.同系色 
  2.近似色(類似色)
  3.反対色

●同系色

同じ、または非常に近い色合いのこと。
ほとんど同じ色合いで、色の濃淡が異なる色を合わせる方法です。
同系色の場合綺麗なグラデーションでまとまりやすくなります。

DSC_0478 DSC_0443

また、同じ色系統で、『彩度・明度』が違う場合も印象が変わります。

●近似色(類似色)

色相環の両隣に位置する色同士を合わせる方法です
「オレンジ」ならば、赤と黄
「紫」ならば、青と赤紫といった組み合わせです。

同系色だけの組み合わせよりも、より華やかになります。
一般に、お祝いなど華やかさが必要な場合はこの花あわせが多くなります。

DSC_0724

近似色の場合も、『彩度・明度』が違うとかなり感じが変わります

●反対色

色相環の対極にある反対色同士のこと。
反対位置にある色を合わせる方法です。

赤の反対色は、「緑」(クリスマスの色は反対色でできています!)
オレンジの反対色は「紫」になります。

P1080046

ビビッドな色だとかなり奇抜でハデな反対色ですが、こちらも 『色の彩度&明度』が変わるとガラリと印象が変わります。

特に同系色と反対色を比べると、それぞれの特徴と違いがよりわかるかと思います。
お花を選ぶ際の参考にしてみてはいかがでしょうか。